青ひげって他人事だと思ってた・・・

 

10代の頃
 
ひげそり床屋でするものだと思っていた。
 
 
毎朝・毎晩のハミガキの時、鏡の前で自分の顔を見てうっとり・・・(✧≖‿ゝ≖)
 
・・・じゃなくて、ヒゲのことなんか全く気にしたことがなかった。
 
 
せいぜい、「ああ、うぶ毛が伸びたかも」 という感じ
 
 
初めてヒゲソリを自分で買ったのは20代の初め頃?
 
その頃ヒゲ剃りといえば「二枚刃」だったが、ヒゲソリをするのはせいぜい2、3日に1回でもOKなヒゲの薄さ
 
ヒゲを剃る時にもヒゲが生えている方向へ軽く動かす程度で十分だった。
 
 
それでも時々鏡を見るとなんとなく剃り残しが気になり始めた。
 
試しにヒゲの生える方向と逆ヒゲソリを動かして剃ってみた。
 
が出た。
 
 
でもヒゲソリをした後のツルツル感が快感でよく逆剃りをするようになった。
 
 
アゴの下(裏)の辺りの肌が荒れ始めた。
 
 
 
 
床屋に行ったら、逆剃りはしないほうがいいよと言われた。
 
さらに、ひげ剃り後には少し高価なローションを塗って保湿したほうがいいよとアドバイスされた。
 
 
 
 
今は肌が傷つかないように軽めの力で逆剃りしている。
 
それでも鏡でよーく見ると上あご喉仏のあたりヒゲの剃り残しが出来てしまう。
 
 
自分では会心の剃り上がりだと思っても、ヒゲの生えるところの肌の色が青黒っぽくなっている。
 
いわゆる「青ヒゲ」というやつである。
 
 
うーーん もうメンドクサイ(´Д`|||)
 
 
ということで思い立ったのがヒゲの脱毛です。



濃いヒゲの脱毛・抑毛・減毛を体験中




 

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.14-ja

このブログ記事について

このページは、shuyanが2012年7月 4日 15:40に書いたブログ記事です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。